ごあいさつ -オープン1周年を迎えて-

ごあいさつ

いつも当店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
本日、カフェ クーポラ mejiroはお蔭様で1周年を迎えることが出来ました。
これまでお越し頂いたお客様に感謝いたします。

「なぜ、ここ目白でカフェをやろうと思ったの?」
オープン当初、お客様からよくいただいたご質問です。
目白で長く続いているカフェは少ない、だから厳しいよとのお声もありましたが、
地元で愛されるカフェになって欲しいという応援のメッセージや、
クーポラでのひとときを楽しみにまた来たよ、という嬉しいお声を多数頂戴しています。

・・・・
お客様に、美味しいドリンクやフードで幸せをお届けすること。
心安らぐ、皆さまに愛されるカフェとなり、地域の皆さまと共に歩んでいくこと。

4年ほど前。イタリア出張の際に、かつて私が20代の頃にバリスタ修行をしていた
フィレンツェのバール“CHIARO SCURO(キアロ・スクーロ)”を訪れました。

ほんの30分ほどの訪問でしたが、その短い滞在時間の中だけでも、
かつて私がカフェをお出ししていた当時のお客様が続々と来店され、
それぞれのひとときを過ごしていました。

10数年という歳月を経てなお、同じ店であの頃と変わらずにカフェと共にひとときを楽しむ姿。
それを見て、こんなふうに地域に根付き、共に歳を重ねていくカフェを自分の手で作りたいと思い、
今に至ります。

本日でオープンして1年。
まだ駆け出しではありますが、これからも精一杯の努力をして参ります。

今後もカフェ・クーポラ mejiroをどうぞ宜しくお願い致します。

2018年5月10日 オーナー 山口 英人

20180510cafe cupola mejiro 1st anniversary

20180510cafe cupola mejiro 1st anniversary